01月 «  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28  » 03月

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



 



トロントで過ごす最後の日。
やっぱり寝てるのが勿体無くて朝8時頃には起きました。
いや、ホントはまだ荷造りと部屋の片付けが終わってなかったからなんですけど…。
いつもそうです。
何でも直前になって慌てふためくタイプのダメ人間です。

で、上記の準備が終わってからdouble happiness(働いてたレストラン)へ行きました。
店のみんなと会うのはこれが最後。
でもあまり実感が無く、そのせいかそんなに淋しい気持ちは無かったです。
いつものようにフランキーが「ランチ何食べたい?」って聞いてきて、とんこつラーメンを頼みました。
そしたらチキンウィングスも出してくれました。
かなりお腹がいっぱいになり苦しかったのですが、デザートにフライドバナナと抹茶アイスも出してくれたので残さず食べました。
ママからお菓子もいっぱい貰いました。「飛行機内とかで食べてね」って。
ありがとう、みんな。
さようなら。
次は香港で会いましょう。

18:40のフライトだったので夕方4時に家を出れば余裕なのですが、
PCを片付けてしまったせいで、何もすることがなく暇だったので空港に行くことにしました。
やっぱりPC無いとツライ…。
あたしはPCが無いと生きていけんなってつくづく実感しました。

2時半頃に家を出て、空港に着いたのは3時半。
チェックインもスムーズに進んだのは良かったのですが…。
なんとトロント発チューリッヒ行きは1時間遅れとのこと。
マジっすかっ?!
チューリッヒ発ミラノ行きの列車の予約時間、遅めに設定しといて良かったぁ。

ってか超暇なんですけど。
4時半にはもう何もすることがなくなってしまいました。
どーするよ…。
出発までまだ3時間もあるよ…。
空港内のカフェ?みたいなとこでチキンヌードルスープを食べました。
いや、お腹はいっぱいだったんですけど、カナダドルきっちり使い終わりたかったし。
ちゃんと機内食のことも考えて、軽めに食べました。
そして搭乗ゲートでひたすら『地球の歩き方』を読んでました。

18:40。
そろそろ搭乗案内のアナウンスが流れるかな、と思いきやその気配は全く無し。
19:10。
出発30分前なのにアナウンスが流れない!
こいつはおかしい…と思っているとフライト案内画面を見てビックリ!

AC878 Zurich 19:55

おいっ!また遅れるんですかぃっ!
1時間15分遅れ…。

そしてその頃ようやく搭乗案内のアナウンスが流れました。
ハイ、19:55発なのに搭乗案内が19:55じゃ出発できるワケがありません。

結局飛行機が飛んだのは20:30でした…。
2時間遅れ…。
いくら列車の予約時間を遅めに設定したとはいえ、焦る気持ちが募る一方でした。

だってその遅く設定したってのには極度方向音痴さんのあたしが迷いに迷いまくることも想定の上での設定やし!
2時間も遅れたってことはあたしが迷ってられる時間が2時間減ったワケで…。
これには動揺を隠せません。
だって2時間彷徨い時間が減るって結構デカイっしょ。

でも飛行機の中で焦ってもしょうがないので飛行機が着いてから焦ることにして、とりあえず機内食を食べました。
meal


美味しくなかったけど。
やっぱりエアカナダはイケてないです。

それにしてもこの飛行機、インド人だらけでした。
チューリッヒ乗り換えデリー行きだったので。
頭にターバン巻いた、これぞインド人って感じの人たちでいっぱいでした。
なので機内食も野菜カレーかチキンの2択。
もちろんチキンを選択しました。
だって肉の無いカレーなんてカレーじゃない。

寝たり起きたりを繰り返しているうちに朝食。
え?!さっき夕食食べたばっかりなような気がするんですけど…。
でもここで食べておかないと次いつ食べれるかわからなかったので食べました。
スポンサーサイト


海外旅行記  海外情報

旅立ちのとき



昨日は友人達との最後の晩餐&カラオケのせいで寝不足なあゆみです、こんにちは。


いよいよ今日、スイスのチューリッヒへと旅立ちます。

トロントで過ごした11ヶ月。

新しい出会いや楽しいことばっかりでした。

日本でのギスギスした生活から飛び出してきて良かったって思います。


今、脳内では『仰げば尊し』がエンドレスで流れています。

今日はトロント卒業式です。

あたしと出会ってくれたみなさま、本当にありがとうございました。


それじゃーイッテキマス!


カナダ  海外情報

へべれけと準備と。



昨日はあいちゃん家で二人酒しました。
部屋を真っ暗にして怖い映画を見たけど、全然怖くなく、その上意味不明でした。
あいちゃんが“激しく不味いけど素晴らしく素敵な魔法のチョコチップクッキー”をくれました。
お酒とクッキーのせいでテンション上がりまくりで笑い転げる2人。

しかしお酒も底を尽きました。
どーするよ…
酒無いよ…

トロントでは簡単にお酒は手に入りません。
コンビニやスーパーでは売っておらず、酒屋へ行かねばなりません。
でも昨日は日曜日。
大抵の酒屋は5時か6時頃には閉店です。

しばらく考えた後、名案を思いつきました。
酒はある!
オーナー邸に腐るほどある!
そうだ、オーナー邸へ行こう!

ってことでチャックマンに電話。

あたし「ハロー、チャックマン。元気?」
チャックマン「元気!あゆみは?相当ハイだけどw」
あたし「超元気~!酔っ払ってるし♪でもね、もうお酒が無いの(ノД`)どっかお酒買えるトコ知らない?」
チャックマン「今日は日曜だし、しかももう10時過ぎてるから無理だね。手に入るトコと言ったらただ1つ、僕ん家しかないよ。家に飲みに来る?今仕事終わって片づけ中だから15分後には迎えに行けるよ」

キタ━━━(゚∀゚)━( ゚∀)━(  ゚)━(  )━(  )━(゚  )━(∀゚ )━(゚∀゚)━━━!!
待ってました、その言葉!
チャックマンなら絶対そう言ってくれると思ってました。
「家に飲みに行ってもいい?」とは聞かず「お酒買えるとこ教えて?」と言っただけでタダ酒、タダタクシー(チャックマンの車)GET!
えぇ、確信犯です。
あいちゃんと2人でほくそ笑んでました。

そして15分後にチャックマンとフランキーが迎えに来てくれ、4人でオーナー邸へ。
途中でドミノピザに寄り、ピザもGET。
車中はハイテンションなあたしとあいちゃんが喋りまくり、笑い転げまくりでした。
しかも日本語で…。
ごめんね、チャックマン、フランキー。
超へべれけで英語喋れなくなってたよ…。

で、オーナー邸でピザと手作り餃子をご馳走になりました。
もちろんお酒も♪

しかし問題発生。
激しく酔っ払ってしまったんです。
もうぐわんぐわん。
ちょっと横にならせて貰って、落ち着いてから家まで送って貰いました。

あ、ママから手作りネックレスを2つ貰いました。
ピンクと白の3連のやつと、白の長いやつ。
白の長いやつは2連にしても使えるやつです。
こんなの貰っちゃうとちょっとうるってなります。
ありがとう、ママ。
今までホントお世話になりました。

あぁ~、楽しかった!
めちゃめちゃ笑った1日でした。
こんなに腹筋痛くなるほど笑ったの久しぶり。


と、ここまでは昨日の話。
ここからは今日の話。

今朝9時に起床。
こんなに早く起きたのにはワケがあります。
旅行の準備のためです。

チャイナタウンへ行ってソフトスーツケース(小)を購入してきました。

その後は最後の給料を受け取るために店に行きました。
ついでにタダでランチもご馳走になってきましたw
ここんとこずっとバイト無い日もお店でタダランチ食べさせて貰ってます。
明日も行くしw

給料を貰った後は両替のため銀行へ。
まず最初TDへ行きました。
しかしここではTDの口座を開いてる人じゃないと両替をしてくれないとのこと。
チッ…。
ケチくさいなぁ。
旅人に優しくない銀行だ、まったく。

ってことでTDの近くにあるCIBCへ行きました。
C$700をユーロに両替して欲しい旨を伝えると、450ユーロしか無いから残りの分は他で変えてくれって言われました。
しゃーなしで450ユーロだけ受け取り、今度は両替商へ。
両替商で残りのカナダドルをユーロに変えてもらいました。

なんかすんごい疲れました。
このクソ寒い中ユーロを求めて歩きまくったからなぁ。

でもとりあえずまた1つ準備が終わりました。
後は荷物を詰めて部屋を片付けるのみ!
コレが大仕事なんですが…。

間に合うかな…。
今夜は友達とご飯食べに行く予定なので、明日早起きして荷造りすることになりそうな悪寒。

そうそう、今母親とメールのやりとりしてたんです。
あたしがマリッジブルーならぬ旅行ブルーになっている旨を伝えると「ヨーロッパへ無理して行こうとせず、日本に帰ってきてもいいんだよ。ヨーロッパ行ってもうダメって思ったらいつでも日本に帰っておいで」って。
持つべきものは母親です。
お陰で不安でいっぱいだった心がちょっと軽くなりました。
ありがとう、ママン。・゚・(ノД`)・゚・。


日記  日記

お国柄?



あたしの帰国にあたり、レストランではウェイトレスの募集をかけていました。
でも今は2月。
多くの日本人が帰国する時期でもあり、なかなか応募してくる人はいません。
日本人数人と韓国人の女の子が面接に来ていました。

そして。
韓国人の女の子が決まり、トレーニング開始。
トレーナーはベテランウェイトレスのあたしw

基本的にうちの店では日本人しか採らない方針だったのですが、あまりにも応募が少なかったのでその韓国人の子を雇うことにしたそうです。
なぜなら彼女は日本語も喋れるから。
5年間日本に住んでいたそうで、結構ペラペラに日本語を話します。

でね、トレーニングしたワケですよ。
トレーニング初日はお客さんも少なく、絶好のトレーニング日和。
いろいろ教えてあげました。
もちろん日本語で。

で、一通り教えてふぅ~と一息ついたとき。
ビックリしましたよ。
目がまん丸になりましたよ。
開いた口が塞がりませんでしたよ。

だってその子。
椅子に座り出したんやもん。

エエェェ(´д`)ェェエエ

新人さん座らないでくださ~い。
ねぇどう思う?
座ってるよ今?
新入りなのにさぁ、座ってるよ?
感じ悪いねぇ~。
(あゆのライブでの問題発言参照)

でもね、あまり人に対して注意するってことができない小心者なあたし。
何も言えませんでした…orz

そしてトレーニング2日目。
相変わらず彼女は椅子が大好きな様子。

彼女の男友達が店にご飯を食べに来ました。
その子「サービスで量多くとかしたりできないんですかね?」
いや…あたしに聞くんじゃなくてチャックマンかフランキーに聞いてよ…。
そしておもむろに自分の水の入ったコップを持ち、男友達が座っているテーブルへ。
男の向かいにすとんと座り、お喋りタイム開始。

あのぅ~…今一応勤務中なんですが…。
トレーナーのあたしをほったらかしてお喋りですか、そーですか。

お隣の国ではコレって当たり前なのでしょうか?
なんか…とにかくビックリ。


日記  日記

旅の会



GEトラベルミーティングに行ってきました。
mioの元ホストファミリーであるボブとサチコさんに誘われて。

前回参加したときはみお、ボブ、サチコさんとばかり話していてあまり他の参加者と話をしませんでした。
でも今回は結構いろんな人と話しました。
その中に凄い人がいたんです。

マルチリンガルな男の子。
彼はパリ生まれなのでフランス語を話します。
そして今トロントにいるので英語もペラペラです。
更に4年間中国に住んでいたこともあるそうで、チャイ語もペラペラです。
そして少し日本語も話せるんです。
あたしに日本語で話しかけてきたんですけど…
全然“少し”じゃありません。
普通に流暢に日本語話してました。
更にスペイン語もちょびっと喋れるとのこと。
羨ましい限りです。
彼の未来はさぞかし明るいことでしょう。

ボブとサチコさんに会うのはきっとこれが最後です。
mioは彼らと最後のパーティーをしたとき泣いていたけど、あたしは泣きませんでした。
やはり実感が無いからでしょうか。
なんかまたすぐ会えるような気がして。

彼らは3月2日から7週間ほど日本に滞在する予定です。
大阪にも行くって言ってたから予定が合ったら会いたいなぁ。
ボブ、サチコさん、mio、あたしで日本で会えたらいいなぁ。
一緒にお花見とかしたいなぁ。


日記  日記

スーツケース



今日1つ、旅行&帰国準備を終わらせました。
スーツケースを日本に送りました。

トロントにいる日本人で、帰国時などに大荷物を送る場合、
日通のペリカンシーパックを利用する人が多いと思います。
縦×横×高さ3辺の合計が150㎝以下で、重さが30㎏以下の場合、
C$110で日本に送れちゃうっていうスグレものらしい…

の、ですが。

あたしの場合、送るのはスーツケース。
しかも最大サイズのハードタイプスーツケースなので3辺の合計は158㎝。
150㎝をわずかにオーバー。
ミニモニにも入れません。

この場合の件について日通に問い合わせたところ、
150㎝オーバーだと料金は2倍になるとのこと。
更にスーツケース梱包料が20ドル必要らしいです。

数字に弱いオツムのあたしが脳内計算機でピピピッとはじき出した数字は

110×2+20=C$240(日本円で約24,000円)

たっけーよ、おいっ!!

スーツケースを売り、日通の3辺合計が150㎝の箱で送ろうかとも考えました。
でもスーツケースを買い取ってくれる人は無し。
おまけにその場合、サンコーや日通まで一人で箱を運べないので、荷物を引き取りに来てもらわなければなりません。
その際の引き取り料金20ドル。
つまり

110+20=C$130

悩みました。
そこで困ったときのチャックマン&フランキーに相談。
彼らはカナダの郵便局で聞いてみたらいいと助言してくれました。

そこでカナダポストのサイトで調べてみたところ、
大体あたしの予想している大きさだと190ドルあたりだそうです。
日通より50ドル安いので郵便局を使用することに決定。

で、本日スーツケースに荷物を詰めて、家から徒歩1分の郵便局へ行きました。

郵便局員がスーツケースの重さを量り、そこではじき出しされた金額は保険込みでなんと150ドル!!!

安ッ!!

ビックリしました。
日通でスーツケースを送った場合と比べてC$90も安いです。
ちなみに荷物は22㎏ぐらいでした。
思ったんですけど…、
荷物はいっぱいあるけど送るのは洋服とかでそんなに重くない人、
ただ大きさだけデカイ人とかは日通より郵便局のが安くつくかもしれません。

あとは無事に荷物が日本に着くことを祈るのみです。
ちゃんと着いてくれるといいけど…。

さて、忘れないように出発までのやるべきことリストを書いておこっと。
・25日…バイト(12~5時)があるからネットでの下調べに専念。エアカナダにリコンファームの電話を入れる。
・26日…洗濯。HONEST EDSかチャイナタウンにてパソコン入れる用のソフトキャリーケースを購入。
・27日…両替。バックパックに荷物を詰める。部屋の片付け。
・28日…最後のランチを店で食べる。そして出発!


カナダ  海外情報



昨日に引き続きトリノ女子フィギュアネタです。
今日のFPを見るためにずっとテレビに張り付いてました。

4回転で注目を浴びていたミキティの出番。
初っ端の4回転失敗(ノ∀`)アチャー
その動揺でしょうか、スタミナ不足でしょうか、ミスの連続でもうボロボロ。
見てて痛々しかったです。
個人的に一番応援していたんですが。
だってほら、可愛いしw

そして滑走順21番の荒川静香。
SPで3位につけていたのでメダル圏内ってことで期待大。
SPでもほぼノーミスの完璧な演技をしていましたが、今日も素晴らしかったです。
彼女のスパイラルとイナバウアーは本当に美しかったです。
しかも彼女は細身なので美しさが2割増ぐらいになりますね。
でも実況の人が3-3のコンビネーションを3-2に変えたって言ってたのがちょっと引っかかってました。

演技終了後、ドキドキしながら得点待ち。
当事者でもないのに心臓バクバクしてました。
口から心臓が飛び出てきそうなイキオイで。

だってこの素晴らしい演技、点数が低いわけが無い!
それに日本初のメダルもかかってるし…。
そして…

125点!
SPの点数を足して191点。
その時点で暫定1位。
すっげーーー!!!
すごいよ、しーたん!
鳥肌立ちました。
感動のあまり、思わず叫び、また涙が出そうになりました。

そして次は村主です。
彼女も綺麗な演技をしていました。
でもやっぱり荒川ほど『美しいッ!』ってイメージを印象付けるような演技では無かったかな。
あ、最後の超高速回転は素晴らしかったです。
おおーっ!って思ったもんw

そしていざ得点を見てみると…。
113点。

なんでっ?!
納得いかん!
2回転倒したコーエンが116でなんで転倒無しの村主が113?
採点基準が変わったから?
そりゃ大技出そうとしてコケたコーエンに比べれば村主の演技は全体的に小ぢんまりしてたような気がするけど…。
でも納得いかない!

そしてトリのスルツカヤ。
やっぱり彼女の演技は素晴らしかったです。
実況の人も「Incredible!」とか「Excellent!」とか連発してたし。
しかも「荒川が2-1のコンビーネーションで飛んだところをスルツカヤは3-2で飛んだ!これは凄い!」みたいなことも言ってたし…。
多分…。

ヤヴァイ…しーたんより上の点数叩き出されるかも…。
コケろっ!コケろっ!コケろっ!

って必死でお祈りしていたら、本当にコケちゃいました。

やったぁぁぁぁっ!
氷の神様、ありがとう!

そして彼女の演技が終わり、得点待ち。
ドキがムネムネしましたよ。
だってコーエンが2回転倒、壁衝突で116点。
村主は目立ったミス無しなのに113。
スルツカヤは優勝候補って言われてただけにジャッジが恐ろしかったです。

でもそれは杞憂に終わりました。
114点。

おおおおおおおおおっ!!!
荒川静香金メダルキタワァ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(゚∀゚)゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*!!!!!
よくぞ偉業を成し遂げました!
トリノ初のメダル。それも金メダル。
そして冬季オリンピック日本女子フィギュア史上初の金メダル。
(ちなみに今まではアルベールビルの伊藤みどりの銀が最高)

これ、国民栄誉賞モンじゃないの?


ただね、やっぱり納得行かないんです。
個人的に順位をつけると

金…荒川静香
銀…スルツカヤ
銅…コーエン、村主

って感じなんです。
アメリカはオリンピック協会に袖の下でも渡してるのかしら?


余談ですが、個人的に注目人物がもう一人いました。
彼女の名はMira Leung(カナダ)。
いや、カナダだから注目ってワケじゃなくて…。
彼女、サザエさんの花沢さんに似てるんですw
しかも声が16歳とは思えないくらい低い。
インタビュー聞いてビックリしました。
ミキティが花沢さんにまで負けたのは悔しいです。
(ミキティ15位、花沢さん12位)

何はともあれ、しーたんおめでとー!!


日記  日記

氷の妖精



昨日は旅行の下調べをちょいとお休み。
連日の調べ疲れもあったので。

しかも昨日はトリノ女子フィギュアのSPの日。
ってことでTVに張り付いてました。

まず安藤美姫。
結構期待してたんですが、まぁこんなもんかぁって感じでした。

荒川静香。
演技にそつが無くて美しかったです。
特に一本足でスーッて滑ってるとこ。
彼女の点数が出たとき、感動のあまりちょっぴり泣きそうになったのは内緒です。

ただ昨日は5時からバイトだったので村主の演技が見れませんでしたorz。
彼女の演技も良かったってタクミとヤスユキが言ってたなぁ。
見たかったなぁ。

しっかしやっぱフィギュアって見てて面白いですね。
そしてみんな可愛いし、綺麗やし、可憐!
まさに氷の妖精ですよ。

明日はバイトが無いので1日TVに張り付いてフリーを見る予定です。
ミキティは4回転できるかっ?!
日本はメダルを獲れるのかっ?!


バイト後はタクミとヤスユキとカラオケ行って、その後飲みに行きました。
飲み後はCoffee Timeでまったり喋ってました。
この面子とこうやってくだらんお喋りするのももう最後です。
思えば彼らにはよく笑わせていただきました。

解散はAM5時過ぎ。

今朝起きたのが9時半なので約4時間しか寝てません。
激しく眠い…。


日記  日記

うなぎBBQ



最近ホントよくオーナーたちがかまってくれるんです。
やっぱあたしがもうすぐトロントを去るからでしょうか。
金曜日はバイト先で飲みました。

でもって昨日はオーナー邸へ。
昨日バイト入ってすぐフランキーが
「うなぎ食べたい?
今日ヒマそうだから早く店閉めてうなぎ&焼肉しようと思うんだけどどう?」って。
もちろん二つ返事でOKです。

夏場に食べたうなぎのBBQがとても美味しくて、それをまた作ってくれました。
syabusyabu1

このうなぎBBQ、めちゃめちゃ美味しいんです。
ぶつ切りのうなぎを生姜、鶏ガラスープの素、ネギ等を混ぜて作った特製ダレに漬け込んでおいて、それを焼くというとてもシンプルなのに激しく美味いという素敵さ。

あぁ食ったさ。
食いまくったさ。
いつものことさ。
脂が乗ってて美味かったさ。

そして母に頼んで日本から持ってきて貰った焼酎をみんなで飲みました。
やっぱ日本の焼酎は美味いよ、ホント。
韓国ソジュなんてケッ!って感じです。
あんなケミカルな飲み物とは味の繊細さが天と地ほどの差です。
みんな大絶賛で1升(1.8リットル)があっという間になくなりました。

この日あたしは自分のPCを持参して行きました。
チャックマンが日本の音楽を聴きたいからコピーさせてくれって言ってたので。
数曲聞かせてあげて、彼が気に入ったものをコピーしました。
チャックマンが気に入ったのはglobe、浜崎、安室です。
特にglobeは大絶賛でした。
ちょっと時代遅れなことは内緒です。
だって…彼が知ってる日本の歌手って…
中森明菜、松田聖子、菊池桃子、安全地帯、徳永英明なんですものw
この方々に比べれば全然新しいし。

そして帰りの車の中。
チャックマンがこう言いました。
「あゆみがいなくなったらもうこんな風に頻繁にパーティーすることもなくなるだろうってフランキーと話してたんだ。今じゃもう家族の一員みたいなものだから」って。

………。

なんだようっ!
そんなこと言われるとなんかすごぉ~く淋しくなっちまうじゃまいかっ!
あたしのトロント生活の半分はdouble happiness(店の名前)で過ごしたようなもんです。

出発の日。
2月28日。
18:40トロント発なので昼食は店で食べようと思ってます。
果たしてあたしは涙を流すのでしょうか。
mioがトロントを去ったときみたいに。

あ、そうそう。
余談ですが、今日チャックマンがあたしにプレゼントをくれました。
それはあたしがヨーロッパを旅するにあたってとても重要なものです。
とてもとてもあたしの役に立ってくれそうなものです。
そう、その貴重なアイテムとは!

チャララチャッチャラ~ン♪

コンパス!w

昨日飲んでたときにあたしが極度の方向音痴であることが話題になり、
「ダララマ(100均)にコンパスが無かった…どうしようっ!」
ってあたしが困ってたのをちゃんと覚えててくれたようです。
これでヨーロッパではちょびっと道に迷う確率が低くなりました。


日記  日記

モチ下がり



『最後の晩餐』とミラノでの宿予約がとれてモチが上がっていたあたしですが…。

翌日からまた下がってました…orz

今度はチューリッヒからミラノへの移動で困っていたのです。
チューリッヒ-ミラノ間を運行しているチザルピーノという列車は予約が必須とのこと。
で、予約を試みたのですが全てにおいて失敗の連続。

まず『TRENITALIA』という本家サイト(イタリア)から予約をしようと試みました。
着々と予約フォームは進んでいき、壁にぶつかりました。
チケットの受取方法が
『駅(イタリア国内のみ)』 『家(速達)』 『家(通常郵便)』
の3択しか無いのです。

いやいやいや、無理やって!
あたしはスイスからイタリアに行くのにイタリアの駅でチケット受け取るなんて不可能やん。
どうすればいいか聞こうと思い、TRENITALIAのコールセンターへ電話。
しかし明らかに電話番号が変。
コールセンターだからこっちでいう0120みたいな特別な番号だとは思うのですが…。
繋がりませんでした。
「そんな電話番号存在しねーよ」って。
何回かけてもダメでした。
ってことでこの件についてメールを送りましたが返事は来ず。

ハイ、消えたー!
次!

スイス国鉄のサイトを発見しました。
予約用コールセンターの電話番号があったので早速電話。
しかしここも繋がらず…。
ここは常に「プー、プー、プー」って聞こえるだけ。
十数回かけてもダメでした。

とりあえず時刻表&料金検索から予約フォームへ。
しかぁ~しっ!
高額なのでオンラインでの予約と支払いは無理っぽいみたいなことが書かれてありました。
とりあえず席が空いてるかどうかの連絡だけメールでお知らせするって書いてあったので送信し、返事を待ちました。
返事は1日くらいで来ました。
素敵です。

が!!
そこに書かれてあったのは…。

「今の段階では予約は取れます。最寄のチケットセンターで手配してください。
もしくはコールセンターで電話予約してください」


ギャフン。

だから電話繋がんねっつーの!

ハイ、消えたー!
次!

上記の『最寄のチケットセンター』の中にカナダがあったのでそのサイトをチェック。
なんか異様に安いんですけど!!
C$31(焼く3100円)!
本家サイトでは85スイスフラン(約8000円)なのに。
まぁよくよく見たら変更&キャンセル不可だから格安だったんですけど。
でもどうせ変更とかしないだろうから嬉しさのあまりホクホクになりながら予約フォームに入力。
すると…
31ドルなハズなのに、送料が19ドルで合わせて50ドル。
ま、それでも安いからいっか♪
そしてクレジットカード番号等を入力。
これで完了ボタンを押せば予約おっけー!

な、ハズだったんですが…。
なぜかあたしのクレジットカードが受け付けられず、エラーがかかりました。
『制限がかかっています。他のカードで入力してください』

他のカード…。
無ぇよ…orz
VISAしか持ってないもん!

ってことでこちらも諦めました。
チッ…!
せっかく安いの見つけたと思ったのに…。

こんな風に悉くあたしのアプライは拒否され続けたのです。

そして残る手段はやっぱりスイス国鉄への電話予約。
だって『コールセンターへ電話予約か、最寄のチケットセンター』やし。

ってことで気合い入れました。
何度も繋がらなくてもかけ続けました。
挫けそうになりながら…
そしてときには泣きそうになりながら…
ひたすら繋がることを祈りながら…
たまにあまりの繋がらなさにキレながら…w

そしてさっきようやく繋がりました!
でもね、きーて。
このコールセンター、1分1.19スイスフラン(110円)なんです。
買ったばかりのコーリングカード。
日本へだったら4時間くらい通話可能なのですが、ここへの電話。
なんとたったの9分!
焦りました。

最初に出たおばちゃんに予約の件で話していたのですが…。
あたしの家はベースメント(地下)なので電波が非常に悪いんです。
なので途中で切れちゃいました。・゚・(ノД`)・゚・。
そして再びトライ。
今度出たのはおじさん。
電話の残り時間は6分。
名前や予約時間、席、住所、電話番号などを伝えてるうちに時間は刻々と過ぎていき…。
ほら、名前とか住所のスペルとか言わなあかんから電話がどうしても長くなるワケよ。

そして残り1分のアナウンスが…!!!
テラヤバス。

あたし「あのっ!電話の残り時間があと1分しかないんでお名前お伺いしてもよろしいですか?かけ直します!」
おじさん「あぁ、それじゃ予約番号今から言いますのでそれで結構です。折り返しは必要無いですよ。」

予約番号を聞いて、電話を切って一安心♪

でもその後ふつふつと不安が湧いてきたんです。

そういえばあたし…チケットセンターサイトでクレジットカードの番号入力したけど…
予約は完了してないから引き落とされることは無いよな?って。
エラーが出たのは完了ボタンを押した後。
予約は完了にはなってないハズやけど…完了ボタンを押したことには変わり無いのでなんか不安。

とりあえずそのサイトにメールを送りました。
「引き落としされないよね?」って。
でもって住友VISAにもメールしました。
「○○ってサイトから請求あっても支払わないでね♪」ってw

あとはスイスの国鉄にも一応確認メール送っとこっと。
「ちゃんと予約取れてるよね?」って。

あぁぁぁっもうっ!
この一連の問題に時間がかかりすぎてまだフィレンツェの宿手配してないよ!
今夜から明日にかけて徹底的に宿チェックして確保しなくては。

あぁ~忙しい忙しい。
こんなに旅の準備がスムーズにいかないなんて思ってなかったよ、ママン。・゚・(ノД`)・゚・。


ヨーロッパ  海外情報

モチ上がり



最近お疲れモードです。
精神的にも体力的にも。
理由は「ヨーロッパ一人旅の下調べ」を頑張りすぎているため。
こんなに頑張らないといけない理由は、もちろん取り掛かるのが遅すぎたからなんですけど…orz

ってことでここ数日ミラノの宿をネットで調べていたんですが…
安い宿が無い!!!汗
ほぼ満室の全滅状態。
残っているのはお高いホテルばかり。

この際金に糸目をつけず高級ホテルに泊まって散財しようか、
リッチなマドモアゼル気分に浸ってみようか、
というバカな考えすら頭をよぎりました。

でもやっぱそんなところで使う金なんて無い!
野宿か?
喫茶店で寝ずに過ごすか?
などいろいろ思考を巡らせましたよ。

でもね、考えたんです。
ミラノでのあたしの最大の目的はレオナルド・ダ・ヴィンチの傑作『最後の晩餐』を見ること。
ここは予約をしないと見れません。
人気なので1ヶ月以上先の予定がいっぱいってこともあるそうです。
コレが見れないんだったらミラノに行く必要は無いな、と。

というワケで『最後の晩餐』があるサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会に予約の電話を入れることにしました。

ネットでも予約できるらしいのですが、旅行代理店の予約代行を使うと手数料が2000~3000円ほど取られるし、本家予約サイトはイタリア語でちんぷんかんぷん。
更にそのサイト、なぜか2006年で予約可能な日はたった1日だけしか表示されてないという素晴らしく使えないサイトなんです。

やっぱ電話しかないな、と。
予約の受付時間はミラノ現地時間でAM9:00~PM6:00。
ミラノとトロントでは6時間の時差があるのでこちらの時間ではAM3:00~PM12:00。

頑張って深夜3時まで起きてました。
イエローナイフ旅行前のあたしだったら朝5時頃まで起きてるなんてことはおちゃのこさいさいだったのですが、旅行から帰ってきたら体内時計がすっかり戻ったらしく、2時には眠たくなる体になってしまったのです。

そして深夜3時。
ミラノ時間で朝9時、予約受付開始時間。
ちゃんと英語で予約取れるかな、なんて不安も抱えつつ…。
ちょっぴり緊張感もありーの…みたいな感じで電話しました。

「プー、プー、プー…」

ケッ!話中かよ!
気を取り直してもう一度掛け直しました。

「プー、プー、プー…」

3度目も同じく話中。

………。

嫌~な予感があたしを襲いました。
3度目どころか4度目も5度目も、何回かけても話中。
全然繋がらないんです。

これなんてチケットぴあ?

さすがレオナルド・ダ・ヴィンチ。
さすが世界の名画『最後の晩餐』。
きっと世界中から予約の電話が殺到しているのでしょう。

掛けまくりました。
何度も何度も電話しまくりました。
いつの間にか電話番号記憶しちゃってましたw

そして朝4時近くになった頃ようやく繋がったんです。

教会「ボンジョ~ルノ、ナンタ~ラカンタ~ラ(←イタリア語)」
あたし「Hello?」
教会「ナンタ~ラカンタ~ラ(←イタリア語)」

あたし「は、はろぉ…?(汗

しばらく呆然とした後、それがアナウンスであることがわかりました。
英語の場合は『2』を押してくださいって言ってたから。
アンサリングマシーンに向かって喋っていたなんて恥ずかぴー!
そして『2』をプッシュ。
無事、おばさんらしき人が電話で対応してくれました。

ちょっとイタリア語なまりの英語で聞き取りにくかったですが、なんとか予約に成功。
深夜の電話攻撃。
見事勝利を手にしました!

ってなワケで3月2日3時45分に『最後の晩餐』見てきます!
あ、この日マコト(弟)の誕生日や。

って、話はココで終わりじゃないんです。
『最後の晩餐』の予約が取れた=ミラノに最低でも1泊しなければならない
という方程式が成立してしまったワケですから。

でもね、ミラノの宿の心配は実は電話での戦い中になくなったんです。
電話の死闘中、レグネがピコン!
「みおからのメールを受信」

実は先日みおにメールを送ったんです。
ミラノで野宿するかも的メールw
そしたら彼女から返事がきました。
そしてなんとそこには素敵なホテル検索サイトが!
みおがミラノで1泊20ユーロで泊まれるところを探してくれたのです。
おかげさまでミラノでの宿確保できました。
ホントみおサマサマ♪

とりあえず一安心です。
今のトコの予定。
3月1日、チューリッヒ(スイス)着。
チューリッヒ→ミラノへ移動し、ミラノ泊。
3月2日、2時頃までミラノ散策。
ドゥオーモ等見て、その後『最後の晩餐』。
それからフィレンツェへ移動し、フィレンツェ泊予定。

今日はフィレンツェの宿探しをしなくては…。

最近旅の下調べにうんざりしていたけど、
昨日の一件からちょっとモチが上がってきました。
頑張るぞー、おー!!


ヨーロッパ  海外情報

氷の王子様



ナニナニ、ナニッ?!
何なの一体ッ?!

今日TVでトリノオリンピックの男子フィギュア見てたんです。
そしたら何ッ?!
何なの、あの美しさは!!!
なんかみんなかっちょよろしく見えるじゃないのっ!

なんかさー、フィギュアの選手ってみんな繊細な顔立ちしてない?
他の競技の選手達と違って。
いやね、多分よぉ~く目を凝らして見るとそんなに整った顔立ちってワケでもないと思うんですけど。
でももうダメです。
あたしはマヒャド並みの氷の魔法にかかっちゃいました。

とにかくあの華麗なる舞が彼らを5割増しにも10割増しにも魅力的にさせるんです。

そして演技後のあのキラッキラな笑顔が何とも言えず…
あ、金メダルのロシアの人ねw
あとカナダの濃いぃ顔の人も好き。
高橋も笑顔が可愛い♪

もうあたしの目は完全にハート形に固定されちゃいました。
なんか、なんか、なんか…なんかもうとにかくみんなみんなカッコイイ!
はぁ~、ウットリ♪

男子フィギュアの選手全員を白馬に乗せたいです。
でもって薔薇の花を咥えてほしいですw

氷の王子様たちにくびったけなあゆみさんでした。


日記  日記

しゃぶしゃぶ



イエローナイフからトロントに戻ってきたのは12日。
自宅に着いたのは18:30。
旅行出発前からトロントに帰ってきたらお誕生会の予定が入っていたんです。
Mrs.Chowのお誕生日会。

オーナー邸に着いたのは21時頃。
メニューは中華風しゃぶしゃぶ。
syabusyabu2

キタコレ!
超豪華!
超具沢山!
牡蠣、海老、カニ、貝、魚肉ボール、牛肉、ブラックチキン、コリアンダー。
牡蠣が特大でぷりっぷりで最高でした。
でもって初見であるブラックチキン。
ホントに黒いんです。
syabusyabu1

グロいっしょ?
えぇ、グロいです。
見たときビックリしました。
フラッシュのせいでちょっと色が薄いけど、ホントに黒かったです。
でもこれ、まいうー!でした。
しかもフランキーいわく、普通の鶏肉より太りにくいそうです。
なのでいっぱい食べました♪
太りにくいからっていっぱい食べたら…
それに苺のバースデーケーキもたらふく食べて…
気付けば食後のお腹はスイカを丸呑みしたようになってました。
ヘビ女、ここにて誕生です。

でも久々に誕生会らしい誕生会をしてなんか嬉しかったです。
誕生日の歌を歌ったり、ケーキを吹き消したり、かくれんぼをしたり♪
あ、かくれんぼは関係無いですか、そーですか。
でもVictorの遊んで遊んで攻撃が凄かったから付き合ってあげたんです。
ほら、子供と戯れる優しいおねーさんってとこをアピっとこうと思って。
誰に?って感じなんですけど…。
アピったところで意味無いんですけど。
でも人生に意味無いことなんて無いって言うし。
って自分で何書いてるかよくわからんくなってきたw


日記  日記



2月12日。
朝5時起床。
集合時間は5時55分。
化粧をせず、コンタクトも付けず、荷物のパッキングだけ終わらせました。
ちょっと時間が余っていたのでインスタント味噌汁を飲みました。
美味かった♪

イエローナイフ空港に到着してチェックイン。
荷物を預け、手荷物検査を受け、搭乗ゲートで待機。
このときお菓子(ケーキ数種、クッキー)とコーヒーのサービスがありました。
チョコレートケーキを食べました。
甘すぎず、美味しかったです。
そしてクッキーを3つほど取ってきてバッグへ入れておきましたw
ファーストエアで朝食は出るけどエドモントンからトロントまでのエアカナダでは食事出んし。
そんときお腹空いたら困ると思ってクッキーをパクっといたのです。

ファーストエアは素敵です。
ちゃんと食事出るし、搭乗ゲートでの軽食サービスもあるし。
しかもファーストエアは搭乗時にバッグをプレゼントしてくれました。
欲しい人みんなに。
サラリーマンが持つような機能的ビジネスバッグ。
ポケットがいっぱいあり、底の厚さは伸縮自在で、かなり使えるバッグ。
こんなサービスのイイ航空会社は始めてです。

エアカナダはキライです。
食事無いし。
スッチーはオバハンばっかやし。

イエローナイフからエドモントンへ向かう飛行機内から朝日が見えました。
まさに朝日が昇る瞬間です。
risingsun

キレイっしょ?

機内食を食べ、飛行機内でまったりしてました。
隣に座っていたまみ嬢はどんどん気持ちが落ちてってました。
そりゃそーだ。
明日から仕事やもん。
素晴らしかった旅行が終わり、現実に戻らないといけない。
あたしも旅の終わりは嫌いです。
なんかめちゃめちゃ淋しい気分になるから。

エドモントンでみんなを見送り、あたしは一人トロントへ。
バイバイ、オーロラ。
バイバイ、みんな。
母、まみりん、よーこちゃん、旅行楽しかったね。
みなさまのお陰でとっても素晴らしい旅行になりました。

この旅行を振り返ってみると、ハプニング&ラッキーの連続で味のある、濃ゆい旅でした。
まさに珍道中って感じです。
またオーロラ見たいです。
北欧あたりがいいな。



カナダ  海外情報



2月11日。
この日は終日フリーで夜はオーロラ観賞。
なのでオプションで犬ぞりとスノーモービルをすることにしました。
場所は同じオーロラ観賞スポット。

まずはスノーモービル。
これがめちゃめちゃ楽しかったです。
バイクの免許持ってないからバイクの運転をしたことが無いけど、バイクを運転しているような気分でした。
ノリノリでスピード出して走ってました。
他の人はみんなライバル。
抜いてナンボ、みたいな。
あたし一人でレーサーになった気分でいました。

その後は犬ぞり。
あたし達が選んだのはただ犬ぞりに座って犬に引っ張ってもらうのではなく、犬ぞり操縦体験です。
そりの後ろに立って走ったのですが、これもなかなか楽しかったです。
インストラクターのおにーさんが「もっと速いのがいい?」って訊いてくれて、「うん」と言ったらスピードを上げてくれました。
アップダウンがあるところが面白かったです。
まみ嬢はもっと激しく走って欲しかった、とのたまっておられましたが。

dogsleigh

このインストラクターのおにーさん(カナディアン)、イケメンでしたw
カッコ良かったぁ♪
軽くFall in loveっちゃいましたw
後で22歳って聞いて軽く凹みましたが…orz

まみ嬢はマシュマロのおにーさん(日本人)に恋をしちゃったようです。
しかも結構本格的にw
確かに彼もカッコ良かったし、喋りも面白かったです。

実はこの日のオーロラ観賞、あたし達はキャンセルしました。
だって次の日5時起きやもん。
オーロラ観賞は夜遅いし。
寝るの優先っしょ。
天気もそんなに良くなかったし。
前日ブレイクアップ見て満足したし。
あれ以上のものは期待できんと思ったし。

ってことで夜はホテルの1Fにあるレストランへ。
エスカルゴ、海老のカクテルソース添え、スパゲッティミートソース、ロブスターを食べました。
食べる前に写真撮るの忘れたので食べかけ写真w
dinner

しかもロブスター写真撮るの忘れた…orz

ワインをガッツリ飲んで、シャワー浴びて就寝。
明日はイエローナイフを去る日。
旅の終わりの日。
みんなとお別れの日。
5時起きの日…orz


カナダ  海外情報



2月10日。
この日は前日深夜2時までオーロラ観賞が行われたこともあり、午前中半日フリー。
ゆっくりめに起きようと思っていたのに意外と早く目が覚めてしまったので部屋で読書してました。

ランチはL'ATITUDEというレストランにてフィッシュフリッターを食べました。
lunch

とにかくデカイ!
ほぼ手のひらサイズのフィッシュフリッターが2個。
最初は美味しかったのですが、だんだん油っこさに耐えられなくなり、皮を剥ぎ取りながらも完食。

昼食後はバスにてイエローナイフ市内観光。
市庁舎、博物館、アイスロード、お土産屋さん巡り。
アイスロードが素敵でした。
このアイスロード、凍った湖の上に雪の道が出来てるんです。
iceroad


市内観光後、夜にティーピー(テント)の中でビールを飲もうと思い、酒屋へ買出しに行きました。
ビールを買ってホクホクになりながらホテルへ。
この後大変な事態が起こることも知らずに…。

まずは駆けつけ一杯ということでホテルの部屋にてビールをプシュ♪
1本半飲んだところで夕食へ出掛けるためにミールクーポンをバッグから取り出そうとしたところでとんでもない事に気付きました。

ポーチが無い…!!!汗

バッグの中に入れてあったはずのポーチ。
その中には夕食用ミールクーポン、パスポート、日本円20万、C$600(日本円で約6万)、T/C300ドル分が入っていたんです。
真っ青になりました。
血の気が引いていくのがモロわかりました。
自分達の部屋を探しても無い!
母達の部屋を探しても無い!
ビールで鈍った脳みそを超高速フル回転させて行動を振り返りました。
市内観光ではお金を使っていないのでバッグを開けていません。
バッグを開けたと言えば…思い当たるのはただ1つ!
酒屋だ!
ビールを買ったときだ!
T/Cでお金を払うときにポーチをバッグから取り出しました。
C$8ドルのおつりは財布の中へ入れました。
財布をバッグに入れたのは記憶にあったのですが…ポーチをバッグに入れた記憶が無い!!

Bダッシュで酒屋へGO。
レジの人に「ポーチ忘れたかもしれないんです!何か見ませんでしたか?気付いた人いませんでしたか?あれにはパスポートが入ってるんです!」と必死の形相で尋ねるあたし。
するとレジの人が「それ知ってる!金庫に保管してあるからあっちの部屋に行きなさい」と言ってくれました。
部屋に通され、店員さんがポーチを金庫から取り出し、手渡してくれました。
あったぁ!!良かったぁ~~~ッ!!!
カナダの治安の良さを改めて実感しました。
でもいくら治安が良いたって、現金もパスポートも失うことなく無事に手にすることが出来たあたしはラッキーだったと思います。
もうこんなことが無いようにしようと改めて自分に言い聞かせました。

夕食はOFFICE DININGというレストラン。
ここでカリブー(トナカイ)の肉を食べました。
写真撮るの忘れちったよ…。
ポーチが無事戻ってきた安堵感でガツガツ食べたからw

夕食後はオーロラ観賞2夜目。
防寒具に着替えて再びバスで観賞スポットへ向かいました。
この日も着後すぐから薄っすらとオーロラが見えました。
でも前日のよりちょっと劣る感じ。

着後、ガイドさんがあたしたちのところへやって来ました。
ガイドさん「○○様4名様でいらっしゃいますね?」
あたし達「はい」
ガイドさん「本日、○○様方のためにプライベートティーピー(テント)をご用意させていただきました」
あたし達「はい?!?!?!?!」
ガイドさん「本日はパスポート等の紛失など大変なことがあったとお伺いしております。さぞ不安に思われたことでしょう。ですのでこれは私共からのささやかなプレゼントです」
あたし達「マジっすか????」
不思議です。
どう考えても不思議です。
だって例の紛失事件を知っているのはあたし達4人と酒屋の店員さんだけのハズ。
もしかしたら酒屋の店員さんが旅行会社に連絡入れてくれてたりしたのでしょうか?
でもそんなことは何も言ってなかったしなぁ。
どこから紛失事件の情報を入手したのか謎です。

ワケがわからないまま、案内されるがままにピライベートティーピーに向かうあたし達。
これが用意されたプライベートティーピー。
tent

ティーピーの中を見てビックリ!
毛皮で覆われたソファが置いてあるよ!!
もちろんティーピー内はほっかほか。
暖かい飲み物まで用意されていました。
いいの?!
うちらこんな特別待遇して貰っていいん?!
紛失事件はあたしの不手際です。
100%あたしが悪いのです。
旅行会社に何の落ち度もありません。
なぜそんな素敵なことをしてくれるのかさっぱりわかりません。

この時間、オーロラもあまりハッキリ出ていなかったのでまずはプライベートティーピー内でホットチョコレートを飲みながらほっこりしてました。
ってゆーか居心地良すぎてヤバかったです。
ソファの座り心地が良すぎてお尻から根っこが生えちゃいました。
そこからしばらく動けんかったもんw
でもしばらくすると外が騒がしくなってきました。
オーロラがハッキリ出始めたに違いない!
そう思い、外へ出て空を見上げると…そこには素晴らしいオーロラが!
昨日より凄いオーロラです。

ゆらゆらゆらゆら揺れて…。
どんどん動きが活発になり…。
そのうちオーロラが爆発しはじめました。
空一面オーロラ!
しかもだけじゃない、黄色やらピンクの光まで出現!
そして動きがハンパなく速い!
ゆらゆらじゃなくてシュビシュビシュビッて感じ。
縦の線がいっぱい現れてそれらが繋がり帯状になり、あちこちで暴れ動くオーロラの群れ。


オーロラはゆらゆら動くもの、というイメージがあったのでビックリしました。
オーロラに対する固定観念を見事に覆された瞬間です。
まさかこんな激しく動き回るとは…。
しかも緑のオーロラは出現率が高いそうですが、赤いオーロラはなかなか見られないそうです。
ガイドさんは4年イエローナイフに住んでても赤いのだけは見たことが無いって言ってました。
それが見れちゃったよ!
赤みを帯びたピンクのオーロラ!
超感動モンです!
もうとにかく凄い。
リアルに凄い。
凄いったら凄い。


後でガイドさんから聞いた話ですが、オーロラには5段階のランクがあるそうです。
あたし達が見たこのオーロラはクラス5。
最高レベルのオーロラで「ブレイクアップ」と呼ばれるそうです。
信じられませんでした。
イエローナイフに3泊してもオーロラを見れなくて帰ってくる人もいるっていうのに、あたしたちは初日もキレイなオーロラを見ることが出来、更にはクラス5のブレイクアップまで見ることができました。
なんてラッキーなんでしょう♪
人生の運のほとんどを使ってしまった感すらあります。
マジでビックリです。


デジカメで撮ったけどやっぱりあたし達が肉眼で見たようには写っていませんでした。
northernlights2

northernlights1

northernlights5

northernlights4

northernlights6

northernlights3

あのブレイクアップの様子を写真に収めることができなくて凄く残念です。
みんなにも見せられないし。
だってこの写真にあるようなヤツじゃないもん!
もっと激しいの!
暴れてんの!

黄色ピンクなの!
現れては消え、また新しいとこに現れるのを繰り返してんの!
空一面なの!
どこ見ていいかわからんくらいオーロラオーロラしてんの!


みんなにどう説明したら上手く伝わるか考えたけど、アレは言葉では言い表せません。
だってとにかく「凄い」の一言ですから。
オーロラのパンフや写真で見る以上の実物のオーロラですから。
あの光、色、動き、あたしの目には焼きついています。
シュビシュビシュビッ!って。
今までいろんなもの見てきたけど、このオーロラに勝るものは無いです。
ギリシャのパルテノン神殿やナントカ島(名前失念)。
ドイツの市庁舎、ローテンブルクの街並、ノイシュバンシュタイン城。
フランスのパリの街並、ベルサイユ宮殿、モンサンミッシェル。
エアーズロックの頂上からの眺め。
ロッキーの山々や山頂からの眺め、それぞれ色が違うたくさんの湖。
これらも相当凄かったけど、オーロラには勝てません。
No1です!

オーロラを思いっきり堪能した後はホテルへ戻って、シャワーを浴びて就寝。
の予定だったのですが…。
まみ嬢がシャワーを浴びているときにアクシデント発生!
お湯が出ない…とのこと。
オーロラ観賞を終わった人たちが一斉にホテルへ戻り、一斉にシャワーを浴びたことが原因だと思われます。
彼女は最後の方水シャワーを浴びたそうです。
あたしは翌朝早起きしてシャワーを浴びました。

しっかしこの日は最高でした。
紛失事件は最悪でしたが、それによってプライベートティーピーを用意してもらえたこと。
ブレイクアップが見れたこと。
この日は一生忘れられない日になると思います。


カナダ  海外情報



2月9日。
7時にモーニングコールにより起床し、身支度をしてホテルのレストランへ。
滝を見ながらの優雅な朝食タイム。
だったハズなんですが…あたしの食べ方は優雅とは程遠く、ガツガツ食べてましたw
だってビュッフェ形式やもん!
いっぱい食べな損!
フレンチトースト、クロワッサン、ベーコンやソーセージ、ハム数種、チーズ数種、サラダ等食べまくりんぐ。

お腹が満たされた後は小型バス?に乗り、いよいよナイアガラの滝へ。
一度ナイアガラを見たことがあるあたしは、ナイアガラを初めて見る3人に「ナイアガラはマジでショボイよ」とさんざん言っておきました。
だって実際思ってたよりショボかったもん、あたしの場合。
最初にショボイってさんざん言っておけば、実際に見たときに「まぁこんなもんか」とか、むしろ「思ってたより凄いやん!」ってなるし♪

まずは滝の裏側を見るアトラクション。
エレベーターで滝の下へ降り、迷路のような道を進みました。
滝の裏側はつららが凄かったです。
あと音をリアルに感じました。
下から撮ったナイアガラ。
ナイアガラ1


その後は滝を上から見学。
上から撮ったナイアガラ。
ナイアガラ2


ナイアガラのアメリカ滝の隣にはブライダル・ベール滝とういう細い滝があります。
そこで写真を撮ると3年以内に結婚できるという言い伝えみたいなものがあります。
それを聞いたら写真を撮らないワケにいかないっしょ!
ってことでまみ嬢とあたしは写真を撮りました。
果たして3年以内に結婚できるでしょうか?

彼女らはナイアガラを結構凄いモノとして捉えてくれました。よしよし♪

ナイアガラ見学終了後は花時計を見に行きました。
今は冬なので雪時計でしたけど。
しかも動いてなかったけど。

そしてお土産屋へ移動。
母がどーしてもHERSHEY'Sへ行きたいとゴネたのでガイドさんが内緒だよってことで連れてってくれました。
オバさんパワー炸裂!
ハッ!今あたしがここに書いたことによって内緒じゃなくなっちまった!
ま、いっか。

ナイアガラ満喫後は次の目的地イエローナイフへ飛ぶため再びピアソン空港へ。
このとき空港で飲んだビールが美味しかったです。
だって疲れてたし。暑かったし。
母も無事スーツケースを受け取った安心感もあったし。

エアカナダは4時間以上のフライトじゃないと食事が出ません。
空港で事前に手渡されたおにぎり弁当を食べました。

エドモントンに到着し、イエローナイフへ飛ぶファーストエアに乗り換えるときの待ち時間。
お腹が空いてたまらなかったあたしたちは売店でピザを購入。
搭乗ゲート付近のベンチでピザを貪り食いました。
満腹状態で飛行機に乗ったあたしたち。
飛行機に乗ってしばらくすると手を拭くタオルが配られました。
まさか…食事出る…?!?!?!
いやいや、だってたかだか1時間半のフライト。
食事が出るなんてことは無いやろ。
と思っていたのですが…。
出てきちゃいました、食事。
満腹だったのでパスタのサラダとピクルスだけ食べてサンドイッチとクッキーはお持ち帰りしました。

そして飛行機はイエローナイフに到着。
飛行機から出ると一面雪。
でもってクソ寒かったです。
今回も母と伯母の荷物が出てくるのが遅くてヒヤヒヤしましたが、ちゃんと出てきました。

イエローナイフ空港からホテルまでは10分くらいでした。
チェックインして防寒具に着替えていざオーロラ観賞。

バスに揺られて30分くらいで観賞スポットに着きました。
実はこの車内から既にオーロラがぼんやりと見えたんです!
観賞スポットに着き、バスから降りるともう空には既にオーロラが!
ラッキーなことに初日からオーロラが見れちゃいました。

着後、ガイドさんが施設案内をしてくれました。
ティーピーというテントの中にはストーブがあり、暖かかったです。
ホットチョコや紅茶、緑茶等が用意されてました。
小さなお土産屋があり、夜食を食べる小屋もありました。
この日の夜食はスコーンとメープルクッキー。
スコーンにメープルバターを付けて食べたら美味しかったです。
そして名物『オーロラこたつ』
足元から暖かい空気が出ていて、シートのカバーが布団がわり。
寝転がるように座りながらオーロラを見れます。
しかも360度回転!
手動なので回転させる度にこたつから出ないといけませんがw
ちょっぴりハイテクベンチです。

オーロラを見た感想。
最初は「へぇ~、これがオーロラかぁ」って感じでした。
あまり動いてなかったから。
ほら、よくオーロラは光のカーテンでゆらぁ~っと動いてるって言うじゃないですか。
最初に見たオーロラは天の川みたいな感じでした。

でもしばらく見続けていると…。
だんだん光が強くなって…。
う、動いてる!
オーロラがゆらゆら揺れてる!!

1夜目のオーロラの写真。
デジカメで撮るとやっぱ実際目で見たものとは違う風に写ってしまいます。
ホントはもっとキレイに見えたんですが…。
NorthernLights1


NorthernLights2

とにかく素晴らしかったです。
まさに空で揺らめく光のカーテン!
緑色のオーロラが空でゆらゆら揺れてました。
超感動です。

この日は2時でオーロラ観賞が終了。
ホテルへ戻って就寝。


カナダ  海外情報



2月8日18:23に母、伯母、友達の3人がトロント・ピアソン空港に到着ということで空港に行きました。
18:30前に到着した時間厳守のあたし。
手荷物受取所から出てすぐのベンチでみんなが出てくるのを待機。
ひたすら待機。
でもなかなか出てこない…。
他の人たちはもう出てきて待ってるのに。

45分ほど経過したところで、ツアーガイドのおにーさんが
「あのぉ~、お連れ様が随分遅いので何か手荷物のトラブルがあったのかもしれません。中に入って見に行きましょう」
ってことで手荷物受取所へ入っていくあたしとおにーさん。

で、手荷物受取所のカウンターのところを見ると…。
いました、あたしの連れ3人組。
カウンターのおねーさんに必死で何か話している様子。
そして彼女らに近づいたあたしの第一声。
あたし「何しとん?」
母「荷物が無いの!」
あたし「はぁ???」

母は英語は全くダメなのでガイドのおにーさんと手荷物カウンターのおねーさんがなにやら話し合っていました。
とりあえずそのままそこに居てもしょーがないので、1番目の行き先であるナイアガラへと向かうことに。

それにしても…。
あたしは感動の再会を期待してたんですけど!
約1年ぶりに会う母と友達、伯母にいたってはそれ以上ぶり。
あたし「久しぶり~~~!!!みんな元気やった?」
みんな「久しぶり~~~!!!元気元気!そっちこそ元気?なんか丸くなってるけどw」
みたいなw
まさか感動のご対面後の第一声が「何しとん?」なんて…orz

ナイアガラ着後、ホテルへチェックイン。
ホテル到着時にガイドのおにーさんが1泊分のお泊りセットを母にプレゼント。
Tシャツ、下着、歯ブラシと歯磨き粉、靴下まで入ってました。
それで母はホクホクと嬉しそうでした。
そりゃそーです。
スーツケースは行方不明。
シャワーを浴びても着替えすら無い状態ですもの。

部屋の窓からはナイアガラの滝がライトアップされているのが見えました。
さっすが高級ホテル!
お腹が減っていたのでカジノの中にあるレストランへ。
ここはビュッフェ形式なのでひたすら食べまくりました。

食後、ナイアガラのライトアップを見ようと滝周辺を散歩したのですが…。
ライトアップは既に終了していて真っ暗でした…orz

適当にブラブラした後一度ホテルへ戻たのですが、海外を漫喫したいという母の申し出により母とあたしの2人だけで再びカジノへ。
ブラックジャックをしました。
母がプレイ中、周りのお客さんがいろいろ助けてくれました。
もう一枚もらった方がいいとかストップしとけ、とか。
手でやる合図を教えてくれたりとか。
母はブラックジャックを20ドル分遊んで十分漫喫したようです。

カジノの後ホテルへ戻り、シャワーを浴びて就寝。
明日の予定はナイアガラ半日観光とイエローナイフへの移動。
そしてオーロラ観賞第1夜目。


カナダ  海外情報



本日、日本から来る母親、伯母さん、友達がトロントに到着します。

で、一緒にナイアガラとイエローナイフへ行きます。

今晩ナイアガラにて1泊、明日イエローナイフへ移動して3泊4日。

オーロラ見れるといいなぁ♪



今日の18:30にはピアソン空港で待っている予定なんですが、

実はあたし、まだ何も準備していません!

テラヤバス。

今から荷造り始めます。

必死こいてやらなあかんな…。

ってか毎回あたしこんなんやな…。

学習能力まるで無し、エッヘン!



旅から帰り次第ブログ更新します。

んじゃ!イッテキマース!


日記  日記

航空券手配完了



昨日のりことHISのトロント支店へ行ってきました。
Spadinaで待ち合わせして途中チャイナタウンでまたまたベトナミーズサンドイッチを購入。
のりこも美味しいって喜んでくれて嬉しかったなぁ。
クソ寒い中徒歩で、サンドイッチをほおばりつつHISへ。

HISのおねーさん&のりこといろいろ相談しつつ、チケット手配しました。
航空券代はトロントからヨーロッパ、ヨーロッパから日本への便全て含めて$1461。
ヨーロッパでの到着地と出発地の場所が違うからちょっとTAXが高くなったけど、向こうでの移動費と3週間しか無い分時間を有効利用しないといけないことを考えたらこっちのがいいかな、と。

ちなみにあたしが支払ったイエローナイフ往復の航空券代$1400。
カナダの国内線高すぎ…orz

2月28日18:40トロント発
3月1日8:35チューリッヒ(スイス)着

スイスは物価が高いし、EU加盟国ではないのでユーロが使えません。
なのでスイスには滞在せず、即イタリアへ行く予定です。
イタリアからハンガリーのブダペストへ。
ブダペストからポーランドのクラクフへ。
クラクフからチェコのプラハへ。
プラハからオーストリアのウィーンへ。

3月23日12:30ウィーン発
3月24日6:30クアラルンプール(マレーシア)着
同日23:55クアラルンプール発
3月25日7:00関空着

一応こんな予定です。
クアラルンプールでの乗継待ち時間が約17時間あるのが痛いです。
まぁクアラルンプール市内散策でもしようと思います。

約3週間の一人旅。
行きたい場所はピックアップしましたが、初めての一人旅、
しかも極度方向音痴のためスムーズに全部周れるか不安ですが
めいっぱい目の保養して楽しもうと思います。


日記  日記

地理音痴と方向音痴



昨日タクミとキヨミサンとチャイナタウンへ行ってきました。
ベトナミーズサンドイッチを食べにw
で、食べた後はケンジントンの美味しいケーキ屋でケーキを購入し、SECOND CUP(コーヒー屋)へ行ってケーキを食べつつ喋ってました。

最初はタクミのヨーロッパ一人旅話を聞いていたんです。
そして地理的な話へと発展。
イタリアの形(長靴形)をキヨミサンが紙で作成したんですが…。
上下が逆。
長靴が逆さまでしたw

そして彼女のビックリ発言。

「え?ヨーロッパとロシアって繋がってんの?」

繋がってますとも!
ユーラシア大陸ですから。

この後更なるビックリ発言が!!

『ロシアって何区?』

いや、何区?って言われても…
ロシアは東京じゃありませんから!

かなりウケました。

でもあたしも人のこと笑えないんですけどね…。
チェコスロバキアが分裂して「チェコ」と「スロバキア」になったのは知ってます。
そしてユーゴスラビアの話になり、あたしは余裕ぶっこきながら

「ユーゴスラビアって数年前ユーゴとスラビアに別れたやんな?」

工エエェェ (´Д`) ェェエエ工!!!
って顔してました、2人とも…orz
キヨミサンですら「それが間違ってるってことはあたしにもわかるw」って言ってましたからw
ってか信じられませんでした。
なぜかあたしの頭にはユーゴスラビアはユーゴとスラビアに別れたってインプットされてたんですもの。
誰によってこの記憶は植え付けられたのか、なぜそう思い込んでいたのか、不思議でたまりません。
キヨミサンのビックリ発言にもちょっと納得です。

でもタクミ先生の講義により正しい知識を得ることができました。
さっすがタクミ先生。
地図がお友達なだけある!
本当に彼は地理の先生になれると思います。
ってかなるべきです。
彼は地理教師になるべくして生まれた人間だと思います。
かなり教え上手なんです。
解り易くかつ面白く説明してくれました。

それから話はあたしの『今後の一人旅について』になりました。
自他共に認める極度の方向音痴やけどダイジョブかな?って。
彼らいわく『相当ヤバイ』らしいです…orz
東西南北、今まで来た道、そういうのがまったくわからないんです。
トロントを去る前にコンパスを購入することが必要だということが判明しました。

みんなで喋ってて、自分の方向音痴っぷりにホトホト呆れました。
爆笑&心配してました。
マジ不安です、一人旅。

あたしメモ:「北」の方向を勝手に変えない。


日記  日記

チーズフォンドュ



昨日はお客さんがめちゃめちゃ少なかったので店をちょっとだけ早く閉めました。
で、またまたまたオーナー邸へ行くことになりました。
チーズフォンドュを食べるために。
なので賄いは食べてません。
おやつ代わりの揚げ餃子、水餃子、ひまわりの種、メルティーキッス等は食べたけど。
ってこんだけ食べれば充分っすよね…w

ってかチーズフォンドュなんて久しく食べていません。
何年ぶりか忘れました。

オーナー邸へ向かう途中にチーズを購入し、家に着いたのは11時過ぎ。
そこから飲み開始です。

チーズフォンドュの準備をしている間、
北京ダック、シンガポールヌードル、中国粥(コンジーって発音してた)をいただきました。
どれも美味しくてチーズフォンドュのための胃を確保するのが大変でした。

そして出来上がったチーズフォンドュ。

まいうー!!!

もうね、
トロトロ~なの。
フハフハッ!なの。
ワインとチーズが醸し出す素敵なハーモニーにウットリ♪

結局朝方4時半まで飲んで食べて喋ってました。

でもね。
確かに久々のチーズフォンドュはカナリ美味しかったんです。

でもね。
それ以上に北京ダックが美味かったです!
皮の部分はパリッパリで肉のところは柔らかジュ~スィ~♪
激しく美味いよ。
ウママママー!!!だよ。

帰る前に、彼らはメープルシロップを2本くれました。
メープルリーフの形をした立派なボトルのでっかいヤツです。
「お母さんにプレゼント」って。
メープルシロップって何気に高いんです。
ホント、彼らはなんて親切なんだ!
どこまで親切なんだ!
リアルに感動しました。
ありがとう、チャックマン、フランキー、ママ、Mr.チャオ。


日記  日記

レベルアップ



昨日はヤスユキとサシで飲みに行きました。

途中からナツコとハルが合流してカラオケへ。

チャラララチャッチャッチャ~ン♪
(↑ドラクエのレベルアップ時の音)

あゆみ はレベルがあがった。
さくらんぼのふりつけ をおぼえた。

あたしが『さくらんぼ』を歌っていたとき、
ナツコがその振付けを伝授してくれたのです。

やっぱ振付け付き…あれ?なんか日本語おかしい?
やっぱ振り付きで歌うと楽しいですよね♪


日記  日記

身に付いたもの



もう2月です。
あたしは今月末、2月28日にトロントを去る予定でいます。
あと1ヶ月きっちゃいました。

思えばあっという間でした。
この10ヶ月。
楽しかったです。
飲みに行ったり家飲みしたり一人酒したり。
最後のほう引きこもってたけどw
しかも現在進行形やけど…orz

この10ヶ月であたしには何か身に付いたのでしょうか。

英語力??
いえ、全然。
相変わらず早口英語はわかりませんし、知らない単語だらけです。
しかもまともに喋れません。
だって6月に学校終わってから全然勉強してなかったんですもの。テヘッ♪

人間的器が大きくなった??
いえ、全然。
相変わらず小さくまとまってます。
ビビリです。
ノミ心です。

何も変わってないよ…ママン。・゚・(ノД`)・゚・。




それでも確実に身に付いたものがあります。

そう、それは…。




脂肪。




それも有り余るほどの。




………。

いやぁぁぁぁぁぁぁっ!!!

そんなのいやぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!!!

もうね、すごいの。
お腹がすっごいことになってんの。
妊婦なの。
臨月なの。
三つ子なの。
ジーンズの上に肉が乗り、更にその上に肉が乗るという、華麗なる段々腹。
贅肉が奏でる三重奏。
ぶよぶよ、ぶよ~ん♪
ア…アリエナス…。

目標は日本に帰るまでに今着ているジーンズが苦しくなくなるようにすることです。
このジーンズは日本脱出前は食後にちょうどピッタリなウエストでした。
しかし今や…食べる前から苦しくて今にもボタンがはじけ飛びそうなイキオイです。

1ヶ月弱ヨーロッパ方面を旅しようと考えているので、その間は極力食べることを避けようと思います。
今月末にはバイトも終わり、ニートになるあたし。

『働かざるもの食うべからず』

で す よ ね 。


とりあえず前哨戦ってことで今夜から毎日腹筋してから寝ます。
今日から始めます!
ぜったいやるったらやる!
これをやりとげなきゃ女が廃る。
鉄の意志で臨みます。
じゃないと脳みそにまで脂肪が付きそうな気がするから。


日記  日記

| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。