09月 «  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



 

開かずの扉



今日はヒロコとタクミとカムジャッタンを食べに行きました。

あたしらは2時15分くらいに店に着いたんです。
久しぶりのカムジャッタンは激しく美味かったです。
しかもヒロコのゴチ!
ヒロコ、ご馳走様でした♪

カムジャッタン食べ終わったのはきっと3時頃だと思います。
食べ終わった後も話をしてその店に居座り続けました。
ウェイトレスのおばちゃんの視線がとても痛かったです。
でも気にせず、むしろ『ここで店を出たら負けかなと思ってる』ってなイキオイでとことん居座る居座る。
そのおばちゃんウェイトレスがあたし達を見る視線は時間の経過とともにどんどん冷酷に。
目が合ったら石にされるんじゃないかってくらい恐ろしいものでした。
くわばらくわばら。
結局そのおばちゃんに「お客さんが来るから食べ終わったんなら出てって」的なことを言われ、店を出ました。
「なんだとぉぅっ?!お客様は神様じゃないのかっ?!」と思いました。
ムカついたけど結局3時間以上も粘ったから勝ったと言えるやろ、ってのがあたしらの結論です。
ハイ、迷惑極まりない客でごめんなさい。
でもいーやんなぁ、別に。
店混んでなかったし。

その後は3人でコーヒータイムへ行きました。
そこでもいろいろ話をして盛り上がりました。
『変な人と普通の人どっちになりたいか』
『お金で買えないものは何か』
『宗教って怖い』
『天皇いらなくね?』
『クリパどーするよ』
『一生のうちに1回くらいは嬉し涙を流そう』とか。
いやぁ~、よく笑った笑った。
5時過ぎに行ったのに、解散は10時。
今日はお喋りだらけで時が経つのが早かったです。

コーヒータイムでみんなとバイバイした後、家に帰ったあたし。
家に到着。
いつもと同じように家のドア(部屋の入り口じゃなくて家の入り口)の鍵を開け、ドアノブをひねりました。

が!

ドアが開かない!

いや、正確に言うと開くことは開くんです。
2㎝くらい。

どゆこと?
と思い、何度も開けようと必死でドアを押したり引いたりしてみました。
でもやはり2㎝しか開きません。

………。
マジで…?(汗

とりあえず一番最初に考えたこと。
ハウスメイトに入れてもらおう作戦。
他の住人2人の部屋の電気が付いているのが窓から見えたのです。
で、ドンドンと窓を叩いてみました。

………。
返事が無い。ただの屍のようだ。

もしかして寝てる?
もしかしてTVの音とかであたしのドンドンが聞こえない?
等と考え、激しくドンドン叩きました。
それでも無反応。

………。
途方に暮れました。

でもいつまでも途方に暮れているワケにもいかないのでオーナーに電話。
まずはオーナーのケータイに電話しましたが留守電でした。
クッソゥ…と思いながら今度はオーナーの自宅に電話。
でも誰も出ません。

この使えないクソオーナーがっ!
と、正直思いました。

そして不安はつのる一方。
ヤッベェ…。
凍死…?!
そんなことが頭をよぎりながらも電話を掛け続け、そして遂にオーナーが出ました。

オーナー「何?」
あたし「ドアが開かん!」
オーナー「ドアって部屋の?それとも家の入り口の?」
あたし「家の!2㎝くらい開くけどそれ以上開かん!」
オーナー「なんで?」
あたし「なんでって…わかるわけ無いやん!とにかく開かんもんは開かん!」
オーナー「ホントに開かんの?ちゃんと試した?」
あたし「何回も試したよ、ドア壊していいってんならブチ破るけどそれでもいい?」
オーナー「酔っ払ってる?」
あたし「(カチーン!)酔っ払って無いよ!飲んでないもん!」
オーナー「他の2人は?部屋にいる?」
あたし「電気付いてるから居るかと思って窓叩いてみたけど反応無いからわからん。もしかしたら寝てるか音に気付いてないだけかもしれん。とにかく窓叩いても無反応」
オーナー「わかった、とりあえず他の2人の住人に電話して掛け直すから」

上記の会話詳細では省略しましたが、オーナーはひたすら「なんで開かないんだ?」って言ってました。
あたしはひたすら「ドアの内側が見れんのにわかるわけないやん!」とキレてました。

実はマジでドアを蹴り破ろうかと思い、トライしたんです。
そしたらちょっとドアがミシッと音をたてたので、本当に壊したら賠償責任モノかと思い、それ以上力を入れるのは止めました。
本気で力を入れてたらドアを開けれたかもしれません。
っていうのは内緒の話です。

で、しばらく待ってオーナーから着信アリ。

オーナー「2人とも外出中らしい。とりあえず○○が1時間後に帰るらしいから、それまでコーヒーショップかどっかで待ってくれ」
あたし「はぁ?何言ってんの?彼が1時間後に家に来たところでドアが開かんのやから入れんやん!」
オーナー「………、わかった。今から行く。40分ぐらいで着くから待ってろ」
彼の声のトーンで、しゃーなしで家まで来ることにしたのがモロわかりました。

とにかく外はめちゃめちゃ寒かったので、あたしはコーヒータイムへ逆戻り。
ウェイトレスの女の子があたしに向かって
「あんたまた来たの?あんだけ長時間居座って次は何時間粘るの?」
って視線を飛ばしてたような気がしました。
あのときのあたしはちょっと被害妄想が強くなってたかもしれません。

とりあえずコーヒーを注文。
ひたすらぼーっと待ってました。
そして40分が経過した頃、オーナーから「到着したから帰って来い」との電話。

早足で家に帰るとオーナーがいました。
あたしは状況を説明しながら、オーナーがドアを開けようとしました。
しかし、やはりドアは開きません。
オーナーは車から工具箱を持ってきました。
いろいろ試してみるものの、ドアは開かず。

そのうち住人の1人が彼女を連れて帰宅。
ドアの前にいるあたしらを見て、困惑した表情。
事情はオーナーからの電話で知っていたのでしょう。
彼も必死でドアを開けようとオーナーを手伝ってました。
そして格闘すること30分。

遂に開かずの扉が開きました!

正確に言うと、ほんのり(カギの部分だけ)ドアをブチ壊しました。
理由はわかりませんが、カギの部分がひっかかっていたみたいです。

部屋に入ったあたしはすかさずPCを立ち上げ、このブログを書き始めました。
家のドアの方からトンカントンカンとオーナーがドアを直す音が聞こえてました。

で、さっき。
その作業は終了し、オーナーは帰っていきました。

もう最悪でした。
楽しかった一日が、開かずの扉事件のせいで最悪な一日になりました。
有終の美って大切です。

思ったんですが、結局ドア壊したんなら…

あ た し が 蹴 り 破 っ て も 良 か っ た ん じ ゃ ま い か ?
スポンサーサイト



日記  日記


あいかわらず大変な家やねー。
トロントもうばり寒かろ?こっちばり暑い。
結局年越しはNYいくとー?いいなぁ。


♥ 2005/12/14 11:46 by mio Pagetop△

mio久しぶり~!
今カンボジアやんなぁ。
どんどんmioがワールドワイドな人間になってく…♪ウットリ♪
トロントはめっちゃ寒いけど、あたしの部屋は相変わらず常夏状態やから寝るときも窓ちょびっと開けて寝てる。
この家はマジ大変やわ。
今はあたしの部屋とキッチンの壁修理中やし、しかもいつ直るんかわからんし…orz
年越しはNY行くよ♪
初NY楽しみ~。
アウトレットにも行くらしいから『欲しい欲しい病』にならないように気をつけます。

♥ 2005/12/14 12:54 by あゆみ Pagetop△














管理者のみ閲覧可能にする

Trackback URL
» http://vivacats.blog32.fc2.com/tb.php/37-99f28c32
» FC2blog user only

| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。