05月 «  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 07月

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



 

スーツケース



今日1つ、旅行&帰国準備を終わらせました。
スーツケースを日本に送りました。

トロントにいる日本人で、帰国時などに大荷物を送る場合、
日通のペリカンシーパックを利用する人が多いと思います。
縦×横×高さ3辺の合計が150㎝以下で、重さが30㎏以下の場合、
C$110で日本に送れちゃうっていうスグレものらしい…

の、ですが。

あたしの場合、送るのはスーツケース。
しかも最大サイズのハードタイプスーツケースなので3辺の合計は158㎝。
150㎝をわずかにオーバー。
ミニモニにも入れません。

この場合の件について日通に問い合わせたところ、
150㎝オーバーだと料金は2倍になるとのこと。
更にスーツケース梱包料が20ドル必要らしいです。

数字に弱いオツムのあたしが脳内計算機でピピピッとはじき出した数字は

110×2+20=C$240(日本円で約24,000円)

たっけーよ、おいっ!!

スーツケースを売り、日通の3辺合計が150㎝の箱で送ろうかとも考えました。
でもスーツケースを買い取ってくれる人は無し。
おまけにその場合、サンコーや日通まで一人で箱を運べないので、荷物を引き取りに来てもらわなければなりません。
その際の引き取り料金20ドル。
つまり

110+20=C$130

悩みました。
そこで困ったときのチャックマン&フランキーに相談。
彼らはカナダの郵便局で聞いてみたらいいと助言してくれました。

そこでカナダポストのサイトで調べてみたところ、
大体あたしの予想している大きさだと190ドルあたりだそうです。
日通より50ドル安いので郵便局を使用することに決定。

で、本日スーツケースに荷物を詰めて、家から徒歩1分の郵便局へ行きました。

郵便局員がスーツケースの重さを量り、そこではじき出しされた金額は保険込みでなんと150ドル!!!

安ッ!!

ビックリしました。
日通でスーツケースを送った場合と比べてC$90も安いです。
ちなみに荷物は22㎏ぐらいでした。
思ったんですけど…、
荷物はいっぱいあるけど送るのは洋服とかでそんなに重くない人、
ただ大きさだけデカイ人とかは日通より郵便局のが安くつくかもしれません。

あとは無事に荷物が日本に着くことを祈るのみです。
ちゃんと着いてくれるといいけど…。

さて、忘れないように出発までのやるべきことリストを書いておこっと。
・25日…バイト(12~5時)があるからネットでの下調べに専念。エアカナダにリコンファームの電話を入れる。
・26日…洗濯。HONEST EDSかチャイナタウンにてパソコン入れる用のソフトキャリーケースを購入。
・27日…両替。バックパックに荷物を詰める。部屋の片付け。
・28日…最後のランチを店で食べる。そして出発!
スポンサーサイト



カナダ  海外情報

« 旅の会 | TOP | »















管理者のみ閲覧可能にする

Trackback URL
» http://vivacats.blog32.fc2.com/tb.php/75-d1577e3e
» FC2blog user only

| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。