07月 «  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



 



3月2日。
ミラノ。
行動表
ドゥオモ → スフォルツァ城 → サンタ・マリア・デッレ・グラツィア教会(レオナルド・ダ・ヴィンチ『最後の晩餐』)

朝7時半起床後、まずはミラノのドゥオーモへ向かいました。
でも残念ながら工事中のためドゥオーモの正面がシートで覆われていて、全然凄さを実感できませんでした。
ガッカリぽんです。
milanduomo

ドゥオモの階段を250段くらい?上って屋根の上へ。
体力の無いあたしにはめちゃめちゃしんどかったです。
高いところから見渡したミラノはそこそこきれかったです。
milanview


ファッションの街、ミラノでブランドショップに入りたかったのですが断念しました。
いや、断念せざるを得ませんでした。
なぜなら高級ブランドショップに入るのはオサレに着飾っている人たちばっかり。
バックパッカーのあたしなんかとてもじゃないけど入れる雰囲気じゃありませんでした。
ガードマンとか立ってたし。
ま、買う予定無いからいーもん、と脳内で強がってみたり。
でもちょいとウィンドウショッピングしたかったなぁ。
ほら、妄想できるし。

昼食にパニーニを買いました。
ただのサンドイッチなのに3.50ユーロ(約500円)。
たっけー!!

『最後の晩餐』の予約がちゃんと出来てるか確認するため、サンタ・マリア・デッレ・グラツィア教会へ。
ここでも道行く人に道聞きまくりんぐ。
ちゃんと3時45分で予約取れてました。
チケットを購入し、まだ時間がたっぷり余ってるので近くにあるスフォルツァ城へ。
sforzesco

城内には美術館&博物館があり、ミケランジェロが死の数日前まで制作していたという未完成の大理石像『ロンダニーニのピエタ』がありました。
rondanini

他にも絵画や彫刻、昔の楽器やエジプト関連の品々があり、入場料3ユーロのわりには楽しめたし、時間も潰れました。
スフォルツァ城GJ。

そしていよいよミラノでの最大の目的、『最後の晩餐』観賞。
トロントから電話予約しといて良かったです。
だって予約してなくて帰る人いっぱいいたもん。
とりあえず今週一杯は予約で埋まってて来週以降じゃないと観賞できないとのこと。

『最後の晩餐』は普通に素敵でした。
が、写真撮影禁止&観賞時間15分。
コレを見るために払った8ユーロ(1200円くらい)。
ちょっとお高いんじゃないのぉ?って思ったけど、天才レオナルド・ダ・ヴィンチの『最後の晩餐』をこの目で見たんやからそんなもんかな。

その後はホステルへ荷物を取りに戻り、フィレンツェ行きの電車に乗りました。
このとき隣に座っていたイタリア人がちょっと男前でした。
パーマ頭に眼鏡、クリクリの目、そしてフレンドリー。
ちょっとヲタっぽかったけどw
この人、とても気さくに話しかけてきたんですが、イタリア語のみで英語は全然ダメ。
お互いアハハッて笑ってただけでした。

20:45フィレンツェ着。
ホステルは駅からすぐのとこにある人気ホステル『アルキ・ロッシ』。
ここはネットがタダで使え、バスルームも部屋内にあり、朝食込みで18ユーロ。
9人部屋でほとんど日本人。
とりあえずシャワー浴びて就寝。
スポンサーサイト



イタリア紀行  海外情報
















管理者のみ閲覧可能にする

Trackback URL
» http://vivacats.blog32.fc2.com/tb.php/89-428328ec
» FC2blog user only

| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。